Goutas TOP > はじめに

はじめに

 Goutasは、日本自然治癒医学協会が主催、JNSが協働しています。 Goutasとは、give and give論やOEBest論、和の理論(universe theory)、T.Positve論、実践論(Action theory)、病気有効論(Sickness effective theory)のイニシャル( g.o.u.t.a.s )を名称としました。 Goutas(グータス)は、理念と目的を持ってソーシャルネットワークを総合的に活用しながら、より良き健康社会をつくるための自らもまたソーシャルネットワークサービス(SNS)の1つです。SNSの飛躍的な伸びで、インターネットにおける「人」と 「人」、「企業」と「お客様」のかかわりが大きく変わり始めました。中でもFacebookの国内ユーザー数が急増しています。今や世界では6億人を越すユーザーを抱えるFacebook。今後、日本でもさらに飛躍的に増加するでしょう。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)の飛躍と共に

 創立以来、日本自然治癒医学協会は、藤波襄二会長を始め理事諸氏の指導のもと、自然治癒力や病気有効論を、より多くの人たちの理解と体験を通して真の健幸づくりを促進すべく尽力してまいりました。

 各種セミナー及びシンポジュウム、機関紙の発行、半断食、とか教室その他の活動を通して早くも十数年が経過しました。その間、ITの飛躍的発展が、当協会の将来への展望と発展にSNSの活用が必須条件となりました。 アンドロイドやアイホンを誰が予測できたでしょうか。情報伝達に大変革が起きました。しかし、もっとビックリさせられるのは、ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)の驚異的な技術革新と飛躍が起こったことです。この変革は今はじまったばかりであり、今後さらに加速するこの現状を、しっかりと理解し活用して、当協会理念に基づいた「真の健幸人をつくる」という目標の達成のためにGoutasの普及に全力投球して行きたいと思います。

史上最速の進化と発展

 社会的インフラ規範の一大変革を起こしたといわれるインターネットの世界、特にクラウドの「史上最速の進化」という言葉が生まれたように、今もまた、今秋中にもLTEによる現在容量の50倍の大容量と、さらに、その10倍、といわれる製品化が水面下で着々と開発されています。 このようなSNSの大躍進は今後も創造を超える技術革新や新商品、新システムを生み出しながら、想像を遥かに超えて行くことでしょう。情報伝達とSNSの飛躍的発展は一向に止まりそうにありません。 ひとつの事例にしか過ぎませんが、6年間ほどで6億人のユーザーを世界中に獲得した、誰がfacebookを予測できたでしょうか。しかも、Facebookの活用は、これから始まろうとしています。
 ソーシャルメディアが、巨大なソーシャルネットワーク・サービス(SNS)やソーシャルビジネスを沢山生み出し、今回の中東に見るような大きな社会的現象を生み出し、世界の情勢に強い影響を与えるまでになりました。

 Goutasは、これから躍進と磐石な基盤を作りながら、革新的なSNSとして健幸づくりを目指します。Give and give論や自然治癒力、特に病気有効論の普及に邁進します。そのために長年掛けて、Goutasの発展に有用なあらゆるシステムの活用を構築をしてきました。 Goutasは、あなたの人生づくりやサロンやビジネスの運営に大いに役立つことでしょう。DMなら100万人に出す場合、一人の経費が300円掛かるとすると3億円のトータル費用が必要です。しかし、goutasでSNSを使用するなら規定の一定料金しか掛からないだけではなく、運営次第では高収益を生み出すことも出来るのです。お蔭様でGoutasは、スタート出来るところまできました。
 運よくというか、上記のようなソーシャルメディアやあらゆる社会状況が、goutasを病気有効論やあらゆる面で受け入れてくれる体勢が整いました。偶然とも思えないほど好都合なことに、Goutasのスタートに最も適した時代がやってきたと思われるのは何か不思議な気がします。

 

 


 

PR

 

 

 

GWWロゴ 

 

give and give論
大志論
OEBest論
会員様ホームページ

 

和の理論

T・Positive論

実践論

病気有効論